まなびのコンパス
リポート
REPORT

多様化する日本語ニーズに柔軟に対応し、ともに学びたい 日本語教育学公開講座 受講生 古川千種さんの声

さまざまな経験が、より深い学びの扉を開く

私が早稲田大学大学院日本語教育研究科の公開講座を受講したのは、早稲田大学の職員をしていたときのことです。もともと学部で日本語教育を勉強していましたが、卒業後は中国に留学。帰国後に日本語を教え始めました。その後、日本語教育からは離れたものの、いくつか異なる業界にいたときも、日本語教育の経験が、業務を行う上で役に立っていたように思います。

日本語学校で教えていたこともありますが、各国からの学生と接する中で、いろいろな国や日本の社会の状況を知ることになりました。中国で働いていたときには、ひょんなことからある日本法人の現地職員に日本語を教えることに。それを皮切りに、フリーランスで数社と契約し、日本語を教えながら、現地在住の日本人に生活で使える中国語を教えることもありました。

日本語教育研究科の公開講座を受講したきっかけは、いくつかあります。理由として大きかったのは、私が大学や日本語学校で得た日本語教育の知識や技術だけでは、時代から遅れてしまっていると気づいたことです。日本語学校で留学生に教えていたのは、もう20年ほど前の話です。

長年、さまざまなかたちで日本語教育に携わってきましたが、最近、ある地域の日本語教育活動に参加したときに、私の中の常識が覆されるような出来事がありました。そこでは、語彙や文法のドリル練習などはあまり行いませんが、日本語のレベルの違う人たちが自分の言葉で意見を言えるように上手にデザインされていました。「私は今までなにをやっていたのか?」と愕然とするほど、教え方ひとつとっても、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるということを痛感しました。日本語教育を取り巻くパラダイムは新しいものに変わってきているので、少しでも今の本流を新たに学びたいと考えました。そして、学生時代の知識やこれまでのノウハウとは違って、もっと社会の文脈の中で日本語教育を捉えたいと思うようになったのです。

文法のその先にある、人の気持ちや状況を知る

実際に受講してみて、特に印象深かったのは、文法や待遇コミュニケーションの授業でした。もともと文法は機械的なイメージがありましたが、授業では、「どんなに文の構造が正しくても、発話の裏側にある状況や心理も文法に関わっているので、その点を考えて文法の教え方を工夫しないとちゃんと伝わらない」という話が胸に響きました。

公開講座を受講し始めたころから、変化してきたことがあります。これまでは、全く日本語を話せない人が「あいうえお」から始めて、次第に話せるようになっていくことに喜びを感じていました。もちろん、会話の上達や進学のサポートも日本語教師としての重要な仕事のひとつです。ただ、最近はそれよりも、近年、日本語を学ぶ人の目的が多様化する中で、個々のバックグラウンドを理解し、目的や必要性に合わせて柔軟に対応し、ともに学べることに喜びを感じるようになりました。

私はまだまだ修行中の身なので、現在は他大学の修士課程で日本語教育を学び、知見を深めているところです。早稲田大学大学院日本語教育研究科の公開講座の受講生には、日本語教育を目指す人、現役日本語教師、進学を目指す人などがいて、受講の目的はそれぞれですが、同じ業界の人から得られる情報も多く、学べることは多々あります。これから日本語教育に携わろうという方も、現役の教員の方も、関心があれば、ぜひ受講されることをお勧めします。

<<
前のリポート
次のリポート
>>